Iラインの黒ずみがひどい!原因や改善方法とは?

女性にとってIライン黒ずみ悩みは多いですよね。

 

  • デリケートの黒ずみってどうすればいいの?
  • そもそもなんでIラインは黒ずむの?

 

とった疑問がありますよね。

とはいえ、誰にも相談できずに悩みを抱えている方も多いかと思います。

 

今回はデリケートゾーン(Iライン)の黒ずみの原因と改善方法を紹介していきたいと思います。

 

Iラインの黒ずみの原因は?

 

結論からお伝えするとIラインの黒ずみの原因は色々なものがあり、これといった特定は出来ません。

 

主な原因としては以下の要因が考えられます。

  • 敏感肌により受けた刺激
  • 下着や服の摩擦による刺激
  • 脱毛などによるカミソリ負けによる炎症
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 乾燥による刺激

ざっとこんなところかと思います。

基本的に刺激をIラインに与えることで、メラニン色素が生成され、Iラインが黒ずんでしまいます。

 

ちなみに、Iラインとは、お尻の下あたりから性器に沿った粘膜以外の部分の部位を指します。デリケートゾーンは粘膜部位の部分を指します。

 

自宅でできる!Iラインの黒ずみ改善方法とは?

黒ずみの改善方法を調べると、クリニックなどを紹介しているサイトが多いのですが、まずは自宅でできるケアから初めてみてはいかがでしょうか?

 

自宅で可能な黒ずみ改善方法としては以下の事を試してみてください。

 

  • トイレットペーパーやナプキンの使用を中止
  • 下着は化学繊維以外のものを使用
  • カミソリではなく電気シェーバーで脱毛
  • Iラインを擦って洗わない
  • 保湿クリームをお風呂上がりに塗る

 

とにかくIラインへの刺激を抑え、メラニン色素をためないようにするのが大切です、保湿クリームは乾燥を防ぐだけでなく、外部からの刺激を防ぐ事も可能ですので、保湿クリームは塗るのが効果的ですね。

 

ここまでは自宅でできる黒ずみ改善方法ですが、少しお金を払うだけで黒ずみの悩みから開放されるまでの期間は短くなるかと思います。

 

皮膚科や専門クリニックは高額!黒ずみ対策クリームの使用も良い!

 

早く黒ずみを改善したいと考えている方は、皮膚科や専門のクリニックでの治療が効果的です。しかしそれらの利用で改善しようとすると数十万といった金額が必要になってきます。(保険適用外のため)

また一度では終わらずに出費は多くなり途中で諦めてしまい黒ずみのそのままといった最悪な状況になる可能性が考えられます。

 

そこでおすすめなのが、市販されている黒ずみ対策クリームの使用です。

市販品なんて効果ないと思うかたも多いと思いますが、医薬部外品で厚生労働省が認可した成分を配合しているものを選べば、しっかりと効果を発揮することができるでしょう。

 

黒ずみ対策クリームは様々なものが販売されていますが、Iラインなどのデリケート部分に使用する場合は、無添加素材で作られていて全身に使用できるものを選ぶようにしてください。

 

黒ずみ改善の成分は強力な成分を配合している場合がありますのでご注意ください。

おしりの黒ずみを綺麗にしたい!原因と改善方法とは?

お尻が綺麗ならば可愛い水着が着れるのに…

お尻が黒ずんでいるせいで彼氏の前でも自信がなくなる

そんなお悩みをもっている女子は多いかと思います。お尻の黒ずみに悩んでいる方は以外にも多く、そして解決方法も意外と広くは知れ渡っていません。

 

一度出来てしまった黒ずみは、数日で簡単に元通りというわけにはいきませんが、正しいケアをすればちゃんと綺麗になるのでご安心下さい。

 

お尻の黒ずみの原因は3つ!

 

お尻に黒ずみが出来てしまう原因としては3つ考えられます。3つもあるの?と思われるかと思いますが、主な原因は1つですので、まずは1つずつ解決していきましょう。

 

  1. おしりへの刺激
  2. ホルモンバランスの乱れ
  3. ストレス

 

お尻の黒ずみに悩んでいる方の多くの原因は「おしりへの刺激」が原因とされています。

※これは叩くなどの刺激も含まれますが、みんながみんなSMプレイをしているわけではありませんので(笑)

 

お尻への刺激と居るのは椅子や服などによる刺激です。普段座ることが多い仕事をしている方は、普段からお尻へ負担をかけている事になりますので刺激を受けやすくなっています。

刺激を受けたお尻は、刺激から肌を守ろうとメラニン色素を生成します。

このメラニン色素が黒ずみの原因となるのですが、通常、メラニン色素はターンオーバーによって体外へ自然と排出されていきます。しかし日頃から長時間座っているとダメージが続くため、黒ずみとして残ってしまいます。

 

他の原因としてはホルモンバランスやストレスなどがあります。ホルモンバランスや乱れやすい30~40代や、妊娠や出産時には黒ずみに悩まされる方が多いです。

 

 

おしりの黒ずみは刺激を与えない事が大事

ホルモンバランスの乱れやストレスは自分では解決しにくい部分でもありますが、おしりへの刺激は自分でコントロールが可能です。この刺激を抑えるだけでもお尻の黒ずみが目立たなくなったといった方もいますので、チェックしてみてください。

 

  • 椅子による圧迫(クッションを使う)
  • 下着や服による擦れ(化学繊維には注意)
  • ニキビ
  • 乾燥

 

このような5つが、おしりにとって刺激となります。

 

お尻の黒ずみの改善方法は?

 

では出来てしまったおしりの黒ずみは、どうやって改善すればいいのでしょうか?

 

結論としては黒ずみケアクリームの使用がおすすめです。黒ずみケアクリームは、黒ずみ必要な3つのケアを兼ね備えています。

 

  • 美白
  • 保湿
  • 美肌

 

医薬部外品はしっかりと美白有効成分を配合していますので、黒ずみには強い味方となるでしょう。ただし、おしりに使用する場合は、全身に使用できる低刺激のものを選ぶようにしてください。

 

他にもピーリングやクレンジングなどがありますが、お尻などのデリケートな部分には刺激となる可能性がありますので、使用は避けた方がいいかと思います。

 

個人的なおすすめのケア方法は、黒ずみケアクリームです。

デリケートゾーンの黒ずみには「ヒルドイド」が最適?実は使用NGの成分!

黒ずみ対策&改善として現在は色々な方法がありますよね。

  • ピーリング
  • 黒ずみケアクリーム
  • 美容クリニック

など…

美容クリニックで黒ずみを改善しようとすると結構なお金がかかってしまうこともあり、初心者におすすめなのが黒ずみケアクリームなのですが、本当に効果があるの?って少し疑ってしまいますよね。

 

黒ずみケアクリームが黒ずみに有効に働く理由としては、美白成分を配合していることに理由があるのですが、美白に効果的と言われているのが「ヒルロイド」です。

 

このヒルロイドは医薬品ですので黒ずみには効果があると思われがちですが、化粧品として使用することは出来ないのです。

とはいっても、実はヒルロイドではあまり黒ずみを改善できないというオチもりますので、紹介していきたいと思います。

 

ヒルロイドは黒ずみは効果なし!

ヒルロイドってどんな効果があるのかといいますと、保湿効果に期待ができます。ヒルロイドには血行促進効果がありますので、体に塗ることで血流がアップします。その結果代謝が上がり、水分量も増えるので保湿効果に期待ができるでしょう。

 

ヘパリン類似物質(Heparinoid)は、保湿剤のひとつ。マルホによる薬効分類の標ぼうは、血行促進・皮膚保湿剤である。外傷などの炎症反応の治療や保湿が必要な治療に使われる。

 

配合成分を見てみても保湿成分が多く配合されていますので、保湿効果を高めることでターンオーバーを促進し、結果的に黒ずみ改善が早まったといった間接的な効果としては期待が出来ますが、直接的な効果には期待ができません。

 

そもそもヒルロイドは医薬品ですので、処方箋が必要となります。美容目的では手に入れることは出来ませんが、アトピーなどを起こすとヒルロイドが処方されることが多いです。

 

ヒルロイドの副作用には注意が必要

 

ヒルロイドは黒ずみ対策としての効果には期待ができませんし、そもそも処方箋がないと手に入りませんので、ヒルロイドにはもう用は無いのですが、採捕にヒルロイドの副作用について紹介していきます。

 

ヒルロイドは医薬品ですので当然副作用が起こる可能性も考えられますが、ヒルロイドの副作用は他のものに比べて少なく、安全な部類の薬でしょう。

  • 皮膚炎
  • そう痒
  • 発赤
  • 発疹
  • 潮紅
  • 過敏症
  • 皮膚刺激感
  • 紫斑

といった副作用が考えられますが、化粧品ではありませんので当然とも言えそうです。

 

ハイドロキノンには種類がある!黒ずみに安全に使えるのは一部

体を美白に導く成分として注目を集めているハイドロキノン。その効果としては定評がありますが、実はハイドロキノンにはいくつか種類があるんです。

黒ずみケアをして安全に使えるのはごく一部で、これを知らばければ副作用やアレルギーといった症状に悩まされることになるかもしれませんよ。

 

黒ずみケアとして有効なハイドロキノンは安定型ハイドロキノン

 

実はハイドロキノンは効果が高すぎるゆえに、白斑といった副作用を引き起こす可能性があるのです。ハイドロキノンは医薬品に指定されており、市販の化粧品には使用することが出来ませんでしたが、数年前から資料量を押さえれば化粧品にも使用しても良くなりましたので、ハイドロキノンを配合している美白化粧品が多くなりました。

 

そんなハイドロキノンには大きく分けて2種類に分類することが出来ます。

  • 安定型ハイドロキノン
  • 純ハイドロキノン

 

純ハイドロキノンを、刺激を抑え肌に優しく全身に使えるようにしたのが安定型ハイドロキノンです。しかし黒ずみへの効果としては純ハイドロキノンには衰えますので、濃い黒ずみでデリケートな部分ではない部分への使用なら純ハイドロキノンを使用するなどの使い分けをすると良いかと思います。

しかし、白斑の心配がなく安全に使用できるのは安定型ハイドロキノンですので、こちらを選んでおけば間違いはないでしょう。

 

安定型ハイドロキノンを使用する場合は以下の濃度のものを選んでください。

  • 脇・お腹・デリケートな部位→8%
  • 腕・足・背中→10%

 

いくら安定型ハイドロキノンといっても、ハイドロキノンには代わりがありませんので、上限10%のものを使用してください。

 

ハイドロキノンを使用する場合の注意点

 

いくら安定型ハイドロキノンといっても、体に痒みや炎症を起こさないためにも正しく使うことは必須です。

以下の注意点に着目して使用してください。

  • パッチテストを行う
  • 皮膚の薄い部位には使用を慎重に
  • 紫外線対策をする

 

安定型ハイドロキノンは全身に使用することが可能ですが、塗りムラがないようにまんべんなく塗りましょう。塗る前には必ずパッチテストを行い、ピリピリや痒みや赤みなどの肌に異常が無いことを確認してください。

 

皮膚の薄い部位やデリケートな部位は、摩擦を受けやすく黒ずみができやすいです。摩擦を受けやすいということはハイドロキノンを塗ったときも刺激となる可能性がありますので、優しく塗り込みましょう。少しでもピリピリ感や赤みを感じた場合はすぐに使用の中止を。

 

ハイドロキノンは実は紫外線に当たるとシミや色素沈着が起きてしまいます。

  • 日焼け止めクリーム塗る
  • 直射日光を避ける

といった紫外線(UV)対策をしてください。黒ずみを治すためにシミが出来てしまったら本末転倒ですからね。

 

顔の毛穴の開きと黒ずみの原因は?夏に悩みが多い肌トラブルを改善

夏になると毛穴黒ずみに悩まされる事が多くなりますよね。半袖短パンで肌を出す夏だからこそみんなの目線も毛穴の黒ずみにいきがち。

そんな悩みをカイケルするためには原因を知っておく必要はありますね。なぜ毛穴が目立ってしまうのでしょうか?その原因として挙げられるのが「皮脂の分泌」です。しかし全て皮脂の分泌が悪いわけではありません。正しく皮脂に向き合うことで黒ずみが出来にくくすることは可能です。

 

毛穴の開きと黒ずみが発生する仕組み

黒ずみは夏になると皮脂が過剰に分泌されます。その過剰に分泌された皮脂が毛穴を押し広げ、毛穴が開いてしまい、毛菜々の開きが生じます。そして皮脂の過剰分泌により毛穴の汚れが浮き出て、黒ずみが出来ます。日頃のお手入れ不足によって角質層が乱れ、毛穴に皮脂が詰まり角栓が出来、黒ずみが出来るわけです。

 

  • 毛穴の開き:皮脂の過剰分泌
  • 黒ずみ:皮脂や角栓といった汚れが浮き出たもの

 

毛穴の開きと黒ずみの改善方法とは?

このように、黒ずみを改善するためには、毛穴の開きを改善しなくてはいけず、毛穴の開きを改善するには皮脂の過剰分泌を改善しなければいけないということが分かります。

日頃何もケアをしてこなかったツケが今来たと思い、これから1つずつケアをしていきましょう。

 

毛穴の開きと黒ずみ共に効果があるのは「洗顔」です。

 

肌質やメイクに合わせた適切なクレンジングを選び、メイクをしっかりと落とす必要があります。敏感肌の方は特に気をつけなければいけない部分でもありますね。

 

しかし、毛穴ケアにおいて重要な洗顔でも、黒ずみにとっては洗顔は悪となる可能性があります。洗顔によって顔や肌に刺激を与えてしまうと、皮脂による黒ずみではなく、メラニン色素による黒ずみのお悩みが生じてしまいます。

 

また肌にも負担になるため、あまり刺激を与えずに優しく洗顔をするようにしてくださいね。

 

専用の美容アイテムを使うのも有効

 

もしも黒ずみにお悩みでしたら、黒ずみ専用のクリームなども販売されていますので、そちらを活用してみても良いかもしれません。美白成分を配合したものが多く販売されており、薬局やドラッグストアでも低価格で手に入れることが出来ます。

 

毛穴の開きに対しては、こちらも専用の美容液が販売されており、皮脂の過剰分泌を抑える働きや、肌にハリや潤いを与えて、ふっくらとさせて毛穴を引き締め、毛穴の開きを目立たなくさせる働きが期待出来ます。

足の黒ずみ改善!くるぶしの黒ずみを綺麗にするには?

実は多くの女性が悩んでいるくるぶし黒ずみ。あなただけが悩んでいるわけでは無いのでご安心ください。

普段は気づきにくい部分ですので指摘されないと気づかない人もいますが、他人からは結構見られていますので注意が必要ですね。

お風呂でくるぶしを擦って落とそうとしても無理です。むしろ悪化してしまうかもしれません。

 

くるぶしが黒ずむ原因とは?

 

そもそもくるぶしが黒ずんでしまう原因は何があるのでしょうか?かかとやくるぶしの黒ずみの原因としては「刺激」が大半を占めるかとおもいます。

 

かかとやくるぶしは、靴や服などが集まりやすい部分で動くと刺激を受けやすい部分でもあります。黒ずみと聞くと紫外線が原因だと思われますが、たしかに紫外線でも黒ずみは発生してしまいますが、かかとやくるぶしは刺激や摩擦が原因だと考えられます。

 

刺激を受けると体を守ろうとメラニン色素を生成します。これが黒ずみの原因となるわけです。一般的に黒ずみはターンオーバーによってほとんど改善することができるのですが、ホルモンバランスや体質によってはなかなか改善しない事もあります。年齢を重ねると更に改善しにくくなりますので早め早めのケアが必要です。

 

かかとやくるぶしの黒ずみを改善するには?

かかとやくるぶしの黒ずみを改善する方法としては、ピーリングがおすすめです。ピーリングは古い角質を除去する方法で、黒ずみ改善に必要なターンオーバーを人工的に行う仕組みです。

ピーリングは専門のクリニックでも出来ますし、最近では自宅できるセルフケアも発売されています。

しかし、このピーリングは肌に負担をかけるケア方法ですので、敏感肌や刺激に弱い方にはおすすめできない方法です。

 

そんな刺激に弱い方におすすめの改善方法は、美白クリームの使用です。黒ずみ専用の美白クリームが市販でも販売されていますが、おすすめなのはネット通販限定の美白クリームです。市販されている黒ずみケアクリームは流通コストが大幅に占めるため、配合成分にこだわっていない事があるからです。

黒ずみケアクリームで一番大切なのは美白成分をしっかりと配合しているかどうかです。

見極め方は「医薬部外品」「薬用」といった記載がされた、厚生労働省が効果効能を認めた有効成分を配合しているものです。

他にも、無添加素材などをこだわって探してみるのもいいかもしれませんね。無添加素材で作られている美白クリームは、かかとやくるぶしだけでなく、乳首やVIOにも使用出来ます。

乳首の黒ずみを治すには?ピンク乳首に憧れる乙女へ

乳首黒ずみが気になっている女性は多いかと思います。

「あの子の乳首はキレイなピンク色なのに、なぜ私の乳首は黒ずんでいるの?」

なぜ乳首は黒ずんでしまうのでしょうか?乳首が黒ずんでしまう原因と改善方法についてまとめてみました。

 

乳首が黒くなるのには理由

 

黒ずみができる原因には、主に紫外線と外部刺激があります。外部からの刺激をから守るために、体内からメラニン色素が生成され、色素沈着を起こして黒ずみが発生していまいます。

乳首はデリケートな部分ですので擦れが多く、黒ずみが発生しやすいというのも理由の1つです。

乳首が黒くなっている原因としては以下の4つが考えられます。

 

  • 年齢を重ねる
  • 出産や妊娠
  • 授乳をしている
  • ブラによって擦れている

 

それぞれ簡単に見てきましょう。

 

年齢を重ねる

通常、肌に出来た黒ずみはターンオーバーによって新しい皮膚ができて自然と改善していくのですが、年齢を重ねるとターンオーバーが遅くなってしまい、新しい皮膚を作れなくなってしまうのです。古い黒ずんだ黒ずみが残ってしまいますのでピンク色の乳首とは程遠くなってしまいます。

 

出産や妊娠

妊娠4周目あたりかた乳首が敏感になり、乳首が黒ずんで行きます。妊娠や出産を経験するとメラニ色素が増えやすくなり、乳首が黒ずみやすくなります。

 

授乳をしている

これは正確ではありませんが、赤ちゃんが乳首を見つけやすいようにするためにメラニン色素が生成されて、黒くかたい乳首ができるのでは無いかとされています。

 

ブラによって擦れている

ブラのサイズが胸に合っていない場合、ブラが擦れて刺激を起こしてしまう可能性も考えられます。メラニン色素が刺激でも発生してしまいます。ブラでなくても乳首に刺激を与ええ続けていれば黒ずんでしまうでしょう。

 

乳首をピンク色にもどす方法とは?

ここまで乳首が黒くなってしまう原因をお伝えしてきましたが、元々乳首が黒っぽい人がいるのも事実です。うまれつきといった感じです。

このような方はいくら改善しようとしても改善は不可能です。

 

黒ずみ乳首を改善する方法としてはこのような事が考えられます。

  • 刺激を抑える
  • メラニン色素を抑える食べ物を摂取する
  • メラニン色素を抑えるクリームを塗る
  • 美白クリームを塗る

 

まず乳首への刺激を抑えるのは絶対条件。触るのも厳禁です。

もしもブラが自分の胸に合っていないのでしたらブラを変えてみるのも良いでしょう。

また、最近ですと乳首専用の黒ずみクリームも販売されていますので活用してみてもいいかもしれませんね。