デリケートゾーンの黒ずみには「ヒルドイド」が最適?実は使用NGの成分!

黒ずみ対策&改善として現在は色々な方法がありますよね。

  • ピーリング
  • 黒ずみケアクリーム
  • 美容クリニック

など…

美容クリニックで黒ずみを改善しようとすると結構なお金がかかってしまうこともあり、初心者におすすめなのが黒ずみケアクリームなのですが、本当に効果があるの?って少し疑ってしまいますよね。

 

黒ずみケアクリームが黒ずみに有効に働く理由としては、美白成分を配合していることに理由があるのですが、美白に効果的と言われているのが「ヒルロイド」です。

 

このヒルロイドは医薬品ですので黒ずみには効果があると思われがちですが、化粧品として使用することは出来ないのです。

とはいっても、実はヒルロイドではあまり黒ずみを改善できないというオチもりますので、紹介していきたいと思います。

 

ヒルロイドは黒ずみは効果なし!

ヒルロイドってどんな効果があるのかといいますと、保湿効果に期待ができます。ヒルロイドには血行促進効果がありますので、体に塗ることで血流がアップします。その結果代謝が上がり、水分量も増えるので保湿効果に期待ができるでしょう。

 

ヘパリン類似物質(Heparinoid)は、保湿剤のひとつ。マルホによる薬効分類の標ぼうは、血行促進・皮膚保湿剤である。外傷などの炎症反応の治療や保湿が必要な治療に使われる。

 

配合成分を見てみても保湿成分が多く配合されていますので、保湿効果を高めることでターンオーバーを促進し、結果的に黒ずみ改善が早まったといった間接的な効果としては期待が出来ますが、直接的な効果には期待ができません。

 

そもそもヒルロイドは医薬品ですので、処方箋が必要となります。美容目的では手に入れることは出来ませんが、アトピーなどを起こすとヒルロイドが処方されることが多いです。

 

ヒルロイドの副作用には注意が必要

 

ヒルロイドは黒ずみ対策としての効果には期待ができませんし、そもそも処方箋がないと手に入りませんので、ヒルロイドにはもう用は無いのですが、採捕にヒルロイドの副作用について紹介していきます。

 

ヒルロイドは医薬品ですので当然副作用が起こる可能性も考えられますが、ヒルロイドの副作用は他のものに比べて少なく、安全な部類の薬でしょう。

  • 皮膚炎
  • そう痒
  • 発赤
  • 発疹
  • 潮紅
  • 過敏症
  • 皮膚刺激感
  • 紫斑

といった副作用が考えられますが、化粧品ではありませんので当然とも言えそうです。