乳首の黒ずみを治すには?ピンク乳首に憧れる乙女へ

乳首黒ずみが気になっている女性は多いかと思います。

「あの子の乳首はキレイなピンク色なのに、なぜ私の乳首は黒ずんでいるの?」

なぜ乳首は黒ずんでしまうのでしょうか?乳首が黒ずんでしまう原因と改善方法についてまとめてみました。

 

乳首が黒くなるのには理由

 

黒ずみができる原因には、主に紫外線と外部刺激があります。外部からの刺激をから守るために、体内からメラニン色素が生成され、色素沈着を起こして黒ずみが発生していまいます。

乳首はデリケートな部分ですので擦れが多く、黒ずみが発生しやすいというのも理由の1つです。

乳首が黒くなっている原因としては以下の4つが考えられます。

 

  • 年齢を重ねる
  • 出産や妊娠
  • 授乳をしている
  • ブラによって擦れている

 

それぞれ簡単に見てきましょう。

 

年齢を重ねる

通常、肌に出来た黒ずみはターンオーバーによって新しい皮膚ができて自然と改善していくのですが、年齢を重ねるとターンオーバーが遅くなってしまい、新しい皮膚を作れなくなってしまうのです。古い黒ずんだ黒ずみが残ってしまいますのでピンク色の乳首とは程遠くなってしまいます。

 

出産や妊娠

妊娠4周目あたりかた乳首が敏感になり、乳首が黒ずんで行きます。妊娠や出産を経験するとメラニ色素が増えやすくなり、乳首が黒ずみやすくなります。

 

授乳をしている

これは正確ではありませんが、赤ちゃんが乳首を見つけやすいようにするためにメラニン色素が生成されて、黒くかたい乳首ができるのでは無いかとされています。

 

ブラによって擦れている

ブラのサイズが胸に合っていない場合、ブラが擦れて刺激を起こしてしまう可能性も考えられます。メラニン色素が刺激でも発生してしまいます。ブラでなくても乳首に刺激を与ええ続けていれば黒ずんでしまうでしょう。

 

乳首をピンク色にもどす方法とは?

ここまで乳首が黒くなってしまう原因をお伝えしてきましたが、元々乳首が黒っぽい人がいるのも事実です。うまれつきといった感じです。

このような方はいくら改善しようとしても改善は不可能です。

 

黒ずみ乳首を改善する方法としてはこのような事が考えられます。

  • 刺激を抑える
  • メラニン色素を抑える食べ物を摂取する
  • メラニン色素を抑えるクリームを塗る
  • 美白クリームを塗る

 

まず乳首への刺激を抑えるのは絶対条件。触るのも厳禁です。

もしもブラが自分の胸に合っていないのでしたらブラを変えてみるのも良いでしょう。

また、最近ですと乳首専用の黒ずみクリームも販売されていますので活用してみてもいいかもしれませんね。